2017年02月26日

ナイトシフト シーズン3 #8

トファーの妻ジャネットが義母スーメイの異変に気付きERに連れてきた。
TCとトファーを検査をするが血圧が低い原因がつかめなかった。

ドリューとシャノンは鹿をよけようと谷間に転落した車の現場に向う。
先に救出された少女ブリアナは軽傷だったが、里親のエイヴリーが
車内に閉じ込められ重傷で救出後にヘリで病院に搬送する。
搬送中、エイヴリーは嚢胞性線維症を患うブリアナを心配していた。

エイヴリーの容体は思わしくなく、ブリアナは施設に戻されると、
シャノンはポールにブリアナを独りにしないでと頼む。
ソーシャルワーカーのニーナを呼び、ブリアナに里親は助からないと話し、
お別れをいいたいとブリアナは言うが、すでに死亡していた。

シャノンたちが頼むと、ポールが心マをして生きてるように見せかけると
ブリアナにお別れをさせてあげた。
ドリューは家が見つかるまで病院で入院させることに。

クライヴがカジノで失神してERに搬送されてきた。
ニトロパッチが落としたせいで血圧が上がり、胸痛の原因だとわかる。
TCはクライヴがスーメイと付き合っていると聞き、スーメイの体を
調べてもらうとニトロパッチがついていて、それが原因だと判明。

トファーはTCから母親がクライヴとセックスした時にパッチが
ついたことを聞きショックを受ける。
検査の結果、クライヴは次の発作が起これば助からないかもとわかり、
スーメイはクライヴを説得し、一か八かにかけてオペを受けて成功した。

ジョーダンは腹部痛を訴えるFOP(結合組織病)のディランを担当。
少しぶつかっただけでも骨組織が増殖するので慎重に検査をすることに。
スコットは腎結石だと泌尿器科のパークを呼び、すぐに手術が必要と言うが
ディランは麻酔のよるリスクを避けたくて拒否した。

スコットは衝撃波で結石を破壊して排石を促す処置を提案した。
しかし、機械がエラーを起こし、再起動が必要となり、ジョーダンは
プレスラー製薬の機械だとわかり、ジェシカに連絡した。

深夜にジェシカは修理担当を病院に駆けつけてくれるが、ディランが
敗血症を起こし、オペ室に運ぼうとするとスコットがリスクはあるが
一か八か試そうと提案し、結石を破壊できた。

ジェシカは大事な面接があるのに夜中に駆けつけてくれるとはいい人だ。
ケニーはニーナにコーヒーに誘われたけど、ジョスリンと気楽な関係を
続けてるので断ったが、どうするのかな?

シャノンは力になってくれたポールにお礼を言ってキスすると、
そのまま車の中へ押し倒した。
やっぱりシャノンはポールのことが好きだったんだ。

ナイトシフト 真夜中の救命医 DVD-BOX -

ナイトシフト 真夜中の救命医
posted by Jasmine at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナイトシフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447357895
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ