2017年02月09日

ブラックリスト シーズン4 #2

リズはカークに水上機で連れ去られる。
カークがマトからアグネスを確保したと連絡が入った隙にリズは
銃を奪って操縦士を撃ち、カークも倒して海上に不時着した。

マトに車を追突されたレッドたちは無事だった。
そこにトムも合流し、キャプランはアグネスを連れ去ったマトの
顔を見ていて、彼は追跡が専門で必要なら殺しもすると。

その頃、マトはアグネスを連れて、難民船に乗り込んでいた。
マトを追跡屋に育てた人物はキャプランの恩人リトル・ニコスで、
レッドたちは彼に会うたまテキサスに向かう。

リトル・ニコスは胃の縮小手術中でレッドはオペ室に乗り込み、
ニコスを麻酔から目覚めさせて、キャプランがレッドが来てると
マトを渡してと説得するがダメだったので、トムが娘を連れ去ったと
アグネスの写真を見せて拷問すると呼び出すための電話番号と
パスワードとニコスの携帯を手に入れた。

海水が機内に入って来て、リズは無線で救助を求めるが応答はなく、
遭難信号を打ち上げて救助を待つが、ついに機体は浸水してしまい、
リズはカークと機体に捕まって、海の中で救助を待ち、漁船に救助された。

漁師に無線で連絡を取ってもらおうとすると、カークが漁師を撃った。
レスラーたちはリズが漁船に乗ってると連絡を受けて駆け付けたが、
リズとカークはいなくて、撃たれた漁師は男がスピードボードに
乗せて連れて去ったと言う。

マトはニコスの事務所に来るが、車から降りたキャプランと目が会い、
逃走したのでトムとデンベが追跡し、先回りしたキャプランが
マトを車で跳ね飛ばして捕まえた。

レッドはスー族の族長がサンダンスの儀式に招いてくれた話などをして、
マトを銃で脅すと、カートがサマー・パレスへ行くと言っていたと聞くと、
場所は知ってるとマトを射殺した。

レッドはクーパーにリズはカナダのケープ・ブレトン島にあるカークが
夏を過ごした家にいると、今テキサスなので誰か行けるか?と言い、
レスラーたちがマイアミから向かうことに。

その頃、リズはサマー・パレスに到着し、カークは治療があると離れ、
パレス・キーパーの女性カーチャからアグネスもすぐに来ると言われる。
リズは屋敷の中を歩き回っていると、子供部屋を見つけた。
テーブルに置かれた絵には“マーシャ”とサインが入っていた。

現れたカークにここは私の部屋?と尋ねると、“おかえり、マーシャ。
真実だと言ったろ”と火事や父親を撃ったのは子供の記憶で
レッドの嘘だと、真実を求める心に付け込みお前の人生に入り込んだ。
彼はお前の母を愛し、お前に執着したのが真実だと告げた。

リズは庭にあるブランコを見つけて外に出ると、ブランコの下に母親と
タイムカプセルを埋めたことを思い出して掘ると、缶からおもちゃや
母親のミサンガを見つけた。

ヘリの音が聞こえて見上げるとFBIの文字が見て、リズは笑った。
FBIはカークの手下を倒し、リズはレスラーと再会したがカークは
逃げてしまった。

リズはレスラーと“アルカモ大理石加工”にやってくる。
外にいたバズから彼が中で待ってる。ここはあんたの家だと言われる。
リズは車内から見ているレッドに気付き、目を会わせるがレッドは
走り去り、リズは中にいたトムと再会した。
トムはリズに必ず見つけると言ったので、アグネスはまだ見つからず、
カークの元に連れて行かれた。

レッドはデンベを車に残し、ミスター・キャプランと森の奥に行くと、
“土地管理局の所有する5万3000エーカーの手つかずの自然だが、
1エーカーだけ違い、そこだけ整地してあると、1世紀半所有していた
家族から数年前に譲り受けた。美しい”と言うと、キャプランは
“本当に”と答えて、レッドは“分かるだろ、ケイト”と告げた。

キャプランは“仕方がない?そう言いたいの?私は知り過ぎた?
あなたは私が裏切ったと思ってるがあなたの利益を守っただけ。”

レッドは“私によかれと思って君はやった。だから怒りや痛みは
治まるとしても信頼は戻らない、二度と。もはや見知らぬ者だ。
君は常々汚れのない土地で静かに暮らしたいと言っていた。
この土地をやろう。永遠に暮らせ。”と言うとキャプランを撃った。
レッドが立ち去ると、キャプランは草を掴んでたのでまだ生きてるみたい。

ソフトシェル ブラックリスト シーズン1 BOX Vol.1(3枚組) [DVD] -

ソフトシェル ブラックリスト シーズン1 Vol.1
posted by Jasmine at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ