2017年01月08日

シカゴ P.D. シーズン1 #1・2


「シカゴ・ファイア」のスピンオフ第1弾、「シカゴ P.D.」の先行放送を視聴。
本家と合せてエピを書こうかと思ってたけど、1.2話はエピが連続していて
面白かったので先にアップします。

「シカゴ・ファイア」では悪徳警官だったボイトが特捜班を率いることに。
そこにはドーソンの兄アントニオに付き合ってたハルステッドもいたけど、
クレジットにCSIのアーチーの名前を発見し、テンションアップ!
もちろん51分署のメンバーもチラッと登場してました。

ボイトは子供3人が死んだ薬物の売人レブを逮捕しようとしていた。
署長のペリーはボイトのことを信頼せず、法に背いたら追い出すと警告。
凶悪犯罪課のベルデン警部補もボイドを敵視し、情報を流さない。

リンジーとハルステッドは客のフリをしてレブの部屋を訪ねるが、
出てきたのはレブを始末したカルテルの殺し屋の“プルポ”だった。
リンジーはプルポの裾に血を見つけて、とっさの判断で部屋に入らなかった。

銃撃されて部屋に踏み込むと首を切り落とされたレブの死体があり、
クローゼットに隠れてた少年ディアンソニーを発見する。
ディアンソニーからプルポの名前を聞き出した。

ボイトは情報屋のモリースからレブの仲間はクープだと聞き出すが、
すでにクープの首も切り落とされた後だった。

ボイトは親戚が引き取りに来たディアンソニーに名刺を渡すと、
レブが死んだ件で暴行されたディアンソニーがボイトに助けを求めて、
上の連中があと1人死ぬと言っていて、エグゼビアかも知れないと。

オリンスキーは警察学校で訓練中のルゼックを引き抜いておとり捜査させ、
売人を逮捕して、レブたちの死体の写真を見せられた売人は居場所を言い、
アントニオとジュールズが部屋に向かうと、ベルデンが現れて、
クープ殺害の現場から去った黒い車がこの辺に止まってると言ったので、
ボイトは中止だと伝えるが、ノックしたジュールズがドア越しに撃たれた。

車で逃走するプルポを追跡し、ハルステッドは捕まえたが、ドーソンと
シェイがジュールズを病院に搬送するが亡くなってしまう。
アントニオは相棒を殺され、プルポに手下2人の居場所を聞き出してると
妻ローラから息子ディエゴが連れ去られたと連絡が入る。

“プルポを渡さないと息子を殺す”と脅迫状が届いた。
プルポの手下の1人がアントニオとジュールズが逮捕したミルパスと判明。
ミルパスを発見したルゼックが捕まえようと意気込み、取り逃がしてしまう。

部屋にはディエゴが助けを求める映像が入ったPCしかなかった。
アントニオは情報屋の売春婦ジャスミンからミルパスが潜伏するホテルの
情報を入手して向かうがディエゴは移された後だったがミルパスを捕まえた。

ボイトはアントニオにナイフを渡して吐かせろと言うが、アントニオには
ミルパスを傷つけることはできなかった。
ローラから何としても息子を帰してと言われたアントニオは覚悟を決めて、
ボイトに従って、ミルパスを拷問し、ディエゴと一緒にいるマテオの
携帯番号を聞き出した。

携帯の信号からマテオをユニオン駅にいるとわかり、別れて捜索してると
リンジーはディエゴとマテオがバスに乗るのを発見し、発車するバスの
運転手にバッチを見せて乗り込んだ。

ボイトたちは運転手と無線で会話し、バスが故障したので代車に
乗り換えさせて乗客を降ろすと、無事にディエゴを救出した。

ジュールズは夫と2人の幼い子供がいて、幸せそうな家族だったのに。
SVUとのクロスに登場してなかったのはいきなり殉職してたとは。
ボイトは内務調査部のために大物の汚職を探る任務をしているらしい。

ChicagoPD.jpg
posted by Jasmine at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ