2016年07月24日

HOMELAND シーズン5 #7〜10

終盤になり、やっと面白い展開になったが、クインが…。
キャリーは機密文書のコピーをデューリングの屋敷で調べてると、
5か月前、キャリーがCIAを辞めた後にバクダッドの協力者サミールが
緊急連絡を取ろうとしてたとわかり、サミールに連絡するとバクダッドの
爆破テロで死んだはずのナザリを見たと教えられる。

ソールは監視され、アリソンはアダールに自分ならソールから聞き出せると
会いに行くと、キャリーに機密文書を渡したと告げられる。
アリソンはキャリーが生きてると知って、イヴァンにキャリーが生きていて、
アムステルダムに向かったと知らせた。

キャリーはローラとヌーマンの協力で、ナザリの妻がアムステルダムに
住んでいるとわかり、ナザリの妻の家に侵入した。
PCを持ち去ろうとしたところにイヴァンの手下がやって来て、金庫から
何かを持ち出すのを目撃し、手下に見つかったキャリーは何とか逃げ切り、
車に戻ると協力者は殺されていた。

アダールはソールをラングレーに戻すことのを決めるが、イスラエルの
エタイによって救出された。
キャリーはアムステルダムから戻る途中にアリソンに会いたいと電話し、
ソールもキャリーも敵に情報を与えすぎだし。

2005年、キャリーはアリソンの後任としてバクダッドに到着した。
キャリーはアリソンから協力者のナザリを紹介されるが、彼はアリソン以外と
仕事をしたくないと言うのは、アリソンとデキていて、法務省から800万ドルを
盗んだので一緒に逃げようと誘う。
アリソンは一緒に逃げることを決意するが、そこへイヴァンが現れた。
ナザリはおとりで、イヴァンから録画してると脅され、二重スパイになった。

現在、キャリーはアリソンと会い、ナザリが生きていて、二重スパイだと
当時の報告書の見直しを頼み、流出文章は二度と公表しないと約束した。
ヌーマンはナザリのPCに侵入し、キャリーはスクリーンセーバーの
ビーチバーにいるナザリの写真を見て、アリソンが昔話してたセントルシアの
“バナナ・ジョーンズ”を思い出し、検索してもらうと写真と同じバーだった。

クインはイスラム過激派からシリアまでの案内役を頼まれた。
メンバーのおじが副司令官アル・カドゥリなので、アダールに攻撃準備を頼み、
シリアに向かうが変だと気付いたが捕まってしまう。

過激派はシリアではなく、ベルリンでテロを起こす計画で、クインは監禁され、
リーダー、ビビのいとこのカシムにガスを撒くとどうなるか検索しろと言い、
カシムは怖ろしい動画を見て、クインが実験室に入れられる時に合図して、
暴れるクインに内緒で解毒剤を注射した。
実験室にガスが入れられたが、苦しむクインの姿は壮絶過ぎて辛かった。

キャリーはアリソンが裏切り者だとわかり、ソールに会って説明するが、
アリソンが裏切り者なのか証拠が必要とBNDに協力を求めた。
ソールはイスラエルに亡命を提案されたと、別れを告げにアリソンの家に行き、
彼女が眠ってる間にGPSを携帯などに仕込んだ。

BNDはアダールとアリソンにSVRの高官がアメリカに亡命を希望してると伝えるが
アリソンは動かないので、アストリッドが高官がベルリン支局に内通者がいて
怯えてると話すと、コペンハーゲンのチケットを手配して暗号を送った。

アリソンはSVRの隠れ家に向かい、イヴァンが出迎えるのをドローンで確認。
屋敷に踏み込むが、アリソンはアダールに内通者でないと、協力者のイヴァンを
迎えに行ったと言い訳する。
イヴァンはユーセフが乗った飛行機を爆破したと認め、ソールの潔白とわかるが、
アダールはアリソンが裏切り者だと証拠がないと処分を保留にする。

そんな中、過激派グルーブがテロ予告をして、クインを実験台にした
映像を公開した。
キャリーはアストリッドにクインがメッセージを送ってるかもと
ノーカット映像を見せてもらうが、おぞましい映像を何度も見るなんて。

CIAとBNDはアル・カドゥリの甥がビビだと突き止めた。
デューリングはテロの情報を知るマルワンと出会ったので、ローラは反対したが、
ソールに弁護士付きで公正に扱うことを約束させたが強制連行された。

クインがいる実験室の床にモザイクタイルがあり、CIAの特定方法を利用し、
ビビが使ったATMなどから建物の範囲を絞り込み、キャリーとアストリッドは
実験室で倒れてるクインを発見すると、クインの指が動いた。

お気に入りのクインがこんな目に遭うなんてひど過ぎる。
救いのないドラマなのはわかってるけど、今回はショックだった。

HOMELAND/ホームランド シーズン5 DVDコレクターズBOX -

HOMELAND/ホームランド シーズン5 DVDコレクターズBOX
posted by Jasmine at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ