2016年05月07日

ナイトシフト シーズン2 #14(終)

シーズンファイナルはとりあえずスッキリ終わってくれた良かった。
ジョーダンは妊娠で血栓ができて脳梗塞となり、スコットが治療して
血栓は溶けたが脳の腫れがひどく、昏睡が続いていた。
帰国したTCがジョーダンに付き添いながら、出会った頃を思い出していた。

トファーはアリと妻ファラを連れて病院に戻った。
アリは心臓移植の1番目だったが原因不明の高熱でこのままでは移植できない。

国境なき医師団に参加するジョーイが骨髄移植のドナーとなり帰国する。
連続狙撃事件はまだ続いていて、SWATが狙撃犯のひとりを確保して、
重体の狙撃犯がERに搬送された。

ポールとラゴーサはケガをしたホームレスのマヤを担当することに。
車で寝泊まりしてたが、狙撃事件でシェルターに行くが、人が押し寄せて
ケガをしてたと治療を受けるが、オペ室に搬送される襲撃犯と目配せをする。

トファーはファラから夫に借りがあると、米軍が去った後、村人たちは
タリバンの襲撃を恐れて、家を焼かれたと必ず夫を救ってと責められ、
妻ジャニスは病院にやって来て、帰国したのに電話すらよこさないと激怒し、
もう限界だと家に帰らないでと言われてしまう。

ジョーイが狙撃犯の治療をするが、仲間のことを何も話さずに死亡する。
警察は指紋から襲撃犯の共犯者ブリアナを特定し、テレビに映し出された写真は
マヤだったので、病室に行くと手首を切って自殺を図っていた。
応急処置をしてマヤは助かり、刑務所送りは間違いないだろう。

ポールは手の状態は良くなく、父親からオペを受けたら完治する可能性は50%、
悪化する可能性が50%で、オペを受けなければ外科医は無理だけど、
ERでなら何とかやれると言われた。
ポールは外科医だと患者と距離を置けるので、毎回重いパンチを食らわないと
オペをするらしいが大丈夫かな?

検査の結果、アリは血液疾患とわかり、血液中の血漿を入れ替えたことで、
心臓移植を受け、アリは助かった。
仕事を終えたトファーをジャニスが娘のバイオリン発表会だと迎えにきたことで、
離婚の危機は取りあえず免れたみたい。

ジョーイはクリスタを朝食デートに誘うが、クリスタは国境なき医師団の
契約が3年もあるジョーイを待ってられないと断った。
リックはサウスカロライナに行かずに、ここでSWATチームの教官をすると決め、
ずっと一緒にいたいと告げ、ドリューは結婚しようと答えた。

TCはスコットからジョーダンを救うために赤ちゃんを諦めるか選択を迫られるが
決断できないTCは検査をしたいと時間をもらうが、ジョーダンの容体が急変し、
オペ室に運ばれ、ジョーダンは助かったが赤ちゃんはダメだった。

意識を回復したジョーダンは赤ちゃんを失ったと知り、ショックを受ける。
ジョーダンは昏睡中にTCがグウエンに結婚すると話してたことを聞いていて、
TCはずっと持ってた指輪を見せて、プロポーズした。
ジョーダンがYesと言わなかったのが気になるな。

night.jpg
posted by Jasmine at 21:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | ナイトシフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナイトシフト3が始まったので最後のエピソードが見れて助かりました。
応援ポチしていきます!
ありがとうございました。
Posted by ラブスヌ at 2017年01月12日 01:55
ラブスヌさんへ

応援ポチありがとうございました。
お役に立てたようで良かったです。
ナイトシフト3も毎回、見どころのある
ドラマになってますね。
Posted by Jasmine at 2017年01月22日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ