2016年03月26日

ナイトシフト シーズン2 #8

TCがサッドと軍に入った理由が明らかになり、彼の人生を変える日だった。
ビルの爆発事故が発生し、ERに次々と患者が搬送されてくる。
TCとドリューは事故現場に行くと、近くに住む元衛生兵のベネットが
負傷者の応急処置をしていた。

ジョーダンは事故前から胸の痛みを訴えるブーンを診察してたが、
彼の食堂が爆発したビルにあり、名付け子が店にいると心配していた。
すると名付け子のアレックスが脳損傷の疑いがあるとERに搬送されてきた。
アレックスはガスの火を消し忘れたかもと店に戻って、事故に巻き込まれ、
脳卒中を起こし、動揺したブーンは過呼吸を起こして倒れた。

TCはベネットにも手伝ってもらい負傷者の治療をしてると、再びビルが爆発し、
ビルに取り残されたベネットを瓦礫の下から救出するが左腕がちぎれていて、
すぐにERに搬送した。

外科研修が始まったポールのもとに突然、父親のジュリアンがやって来た。
ポールはスコットの助手としてオペに入ってるので忙しく、話をするために
ジュリアンはオペを見学するが、スコットの指導に口出しして対立し、
スコットはジュリアンをオペ室から追い出した。

アレックスは頸動脈の血栓が脳に飛んでいて、ジョーダンはジュリアンなら
オペできると、スコットは頼んでほしいと言われ、ジュリアンに謝罪して、
大人の対応をしたので彼を見直したな。

ブーンはストレスからたこつぼ心筋症となり、心臓移植か補助人工心臓が
必要な状態になる。
ブーンはジョーダンに破産して、保険金目当てに放火したと告白した。
店だけを焼くはずが大惨事になり、心臓をもらうしかくはないと死にたいと。

TCとドリューはオペ室がいっぱいなので、ERでベネットの腕の再接着術を開始。
ベネットは救命士を目指してるが、受講料が高くて講座を受けられずにいた。
腕の再接着に成功し、TCたちは軍での医療経験を生かせる新しいプログラムがあり、
退役軍人病院で13か月間働きながら有給の研修を受ければ、全国の病院で働く
資格を得られると、人助けしたベネットにいいことがあって良かった。

TCはサッドと他人の車を勝手に乗り回して捕まり、召喚された日が9.11だった。
自分たちの愚かさに気づいて、判事に放免してくれたら軍に志願して、
国のために戦うと言い、彼の人生が変わった。

ジュリアンはポールをジョンズ・ホプキンスの外科研修を受けるように説得するが、
ポールはスコットのアドバイスで、自分のやり方で小児外科医になると決め、
小児外科のフェローシップが新設されたので、来年から小児外科とER外科の
レジデントの両方に進むと告げた。

やっと自分の気持ちを伝えることができて良かった。
最初は頼りないインターンだと思ったが、被ばくで亡くなった同じ年の
オーレンが実現できなかった父親との釣り旅行を代わりに一緒に行くつもりで、
父親を反面教師にしていい医者になってきたなと思う。

night.jpg
posted by Jasmine at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナイトシフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ