2015年08月03日

(最終回)ホワイトカラー ファイナルシーズン #6

ついにグランドフィナーレを迎えました。
たった6話のファイナルシーズンでしたが、完結させてくれたことに感謝です。

ピーターはウッドフォードを上手く騙して、パンサーズに潜入した。
モジーはピーターを紹介したことに憤慨するが、ニールからケラーと3人で
3000万ドルをパンサーズから盗む計画を聞いてご機嫌に。

モジーはJFK空港と郵便局の間で最適なパイプの場所を見つけると張り切り、
ニールは例のコンテナでスーツを着たマネキンを相手に射撃練習をしていた。

ジューンがモジーが飲んでると、部屋に戻ってきたニールが感謝の言葉を言い、
本当の別れを告げてるように見えた。
そして、ニールはモジーと公園のいかさまゲームで出会った時に使った
ハートのクイーンを渡し、今後は原点に戻ろうと告げた。

ニールはピーターとエリザベスから子供は男の子だと告げられると、
青いよだれ掛けをプレゼントした。
エリザベスからあの人を守ると約束してと言われ、何があっても必ず守ると誓い、
ピーターも君も赤ちゃんも俺の家族だと。

パンサーズはブラックスネット社の金庫の電波を妨害し、11分稼いだ間に
金を袋に入れて、1秒に100万ドルを運ぶ計算で計画を立てた。
ピーターは道具を空港内に運び方法を考えろと命令される。

ニールはパイロットになりすまして空港に侵入し、ピーターは遺体引き取りの
業者として棺に道具を乗せて空港に向かうと、職員になりすましたニールが
許可書を持って、ゲートからピーターたちが乗った車を倉庫に入れた。

ニールとピーターは協力して金庫を破るシーンは悪いことをしてるのに感動した。
残り6分で金を袋に詰めエアシューターで郵便局にいるウッドフォードの元へ送り、
途中でモジーがパイプを開けて、3000万ドルを強奪した。

ニールたちは空港から脱出して、郵便局で合流したところにFBIが突入し、
パンサーズは逮捕された。
ピーターとニールも手錠をされて、同じ護送車に入れられるが、ニールは自分で
手錠を外し、ピーターと入れ替わりでケラーが護送車に乗せられた。

ケラーはリュック殺しがバレたらマズいと計画を変更し、自由は別の方法で得ると、
ピーターは絶対、その足かせを外さないと言われたニールはケラーと逃走する。
ピーターは足かせから、ニールがウォール街にいるとわかり、後を追った。

ニールとケラーはモジーの元に行き、ニールはケラーに1000万ドルを渡して
消えろと言うが、ケラーは隠れてたら自由とは言えないともっと金がいると
ナイフを出して、全額もらうと言い出した。

ニールは隠してた銃を出し、ケラーにナイフをモジーに渡させると、
モジーに2000万ドル持って行かせた。
ピーターはホームレス姿のモジーとすれ違ったが気づかなかった。

ケラーはニールに俺とお前は同類だ、周囲の人間を不幸にしてる。
ケイトはお前のせいで死んだと言うと、動揺するニールから銃を奪おうとして
発砲した銃声をピーターは聞いた。

ケラーはニールが足かせをしたままだと知り、金の入ったかばんを持って逃げるが、
ピーターに見つかり、女性を人質にすると、ニールは手遅れだと告げた。
警官にも囲まれ、ケラーは女性を離して撃とうとしたのでピーターが射殺した。

ピーターは搬送されるニールの元に駆けつけると、唯一、俺を信じてくれた。
あんたは親友だと告げられるが、ニールは亡くなってしまった。
モジーをニールの死を受け入れることができなかった。
ピーターは病院からニールを撃った38口径の弾とポケットチーフ、鍵と
足かせを受け取った。

1年後、ピーターはDCへの栄転を断り、部門長としてニューヨークに残り、
ダイアナがDCに栄転することに。
モジーはトランプのいかさまをしてるとピーターがやってきた。

ピーターはパンサーズは全員終身刑だが、ケラーが持ってた900万ドルとは別に
現金2300万ドルが行方不明だと、残りを知らないか?とモジーに尋ねると、
堅実に暮らしてると答えたが、2300万ドルで悠々自適な暮らしなんだろうね。

ピーターは時々、ニールが見せると言うと、モジーは声が聞こえると、
ニールと出会った日に使ったカードを見せて、あの仕事の直前にくれたので、
あいつは死ぬと知っていて、お別れにくれた。なら、あの死はニールの詐欺で、
一世一代の詐欺なんだと思ったが、違うんだと今は受け入れていた。

モジーはエリザベスと息子ニールに会いに行き、息子はニールが
プレゼントしたよだれ掛けをしていた。
ピーターは家の前にあった箱に入ってたワインをエリザベスと飲んだ。
コルクを見たピーターはニールの遺品の鍵が例のコンテナの鍵だと気付いた。

コンテナを開けると、ニールが射撃練習してたマネキンを見つけて、
モルグにいた男の写真があり、ニールを搬送した救命士がお金を渡してた
女だと気付いた。

ニールの一世一代の詐欺だとわかり、“ルーブル美術館が警備を強化”の
新聞を見つけて、ニールが生きてるとわかり、涙ぐんでいた。
ニールはパリの街をいつものスーツと帽子姿で歩いていた。

ニールが自由を手に入れたのは視聴者の期待通りだったと思うけど、
モジーと逃亡するか、コンサルタントとしてピーターとコンビを続けるかを
期待してたので、1人で旅立ったと知り、ちょっと寂しい気持ちになったけど、
ニールらしくていいと思いました。

またニールに会えるかもって期待もあり、満足できたエンディングでした。
楽しませてくれてありがとう!

ホワイトカラー ファイナル・シーズン DVDコレクターズBOX -

ホワイトカラー ファイナル・シーズン
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | WHITE COLLAR(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
ホワイトカラー6の最終話をみたので色んな方の感想が知りたくなりこちらにたどり着きました。バークがコンテナから出る際トランプがおいてあったのでモジーもニールが生きてることに気づきNYを出てニール会いにいったんじゃないかなーと思いました。
突然のコメント失礼しました!
Posted by もりもり at 2017年02月11日 17:41
もりもりさん、はじめまして!

私もモジーがニールが生きてると知って、
捜しに旅に出るんじゃないかなと思いました。
またいつかスぺシェルとか放送してくれるといいな。
Posted by Jasmine at 2017年02月13日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423500047
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ