2010年04月17日

ドールハウス #1

楽しみにしてたジョス・ウィードン製作の「ドールハウス」がFOXで放送開始。
ジョス・ウィードンが「バフィー」で一緒に仕事をしたエリザ・ドゥシュクを主演に
企画しただけに、彼女にピッタリな役柄だった。

“ドールハウス”という闇組織は、“アクティブ”と呼ばれる女の子たちに
クライアントの要望にそった人格をダウンロードしていた。

ドールのエコー(エリザ・ドゥシュク)は、クライアントの娘が誘拐された事件の
交渉人 エレノアとなり、近視で喘息持ちと細かいところにまでこだわるんだなと。
順調に見えた交渉が、複数の人格をダウンロードされていて、その中に子供の時に
犯人グループの1人に誘拐され、虐待された過去があったことから作戦は失敗。

クライアントは撃たれて、エコーの担当者のボイド(ハリー・ J・ レニックス)は
続行させようとするが、ボスのアデル(オリヴィア・ ウィリアムズ)はボイドを外し
エコーを再調整して、誘拐された少女を救出させた。

FBI捜査官 ポール・バラード(ターモー・ペニケット)はドールハウスを捜査するが
上層部はそんなものは存在しないと思われてる。
彼が捜査に執着するのには、何か理由がありそうで、エコーの本名はキャロラインで
彼女がアクティブになったバックグランドには何があるのかな?

エリザ・ドゥシュクが着せ替え人形のように変身するのは面白そうだし
ギャラクティカのヒロも出演しているので、これからどうなるのか楽しみなんだけど
シーズン2で打ち切られてるのが気になるところ。

ドールハウス DVDコレクターズBOX

posted by Jasmine at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146811427
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ