2019年02月14日

SUITS/スーツ シーズン6 #10

ハーヴィーは出所したマイクにコンサルタントとして雇うと事務所に誘う。
ジェシカはロバートから古い顧客のジム・レイノルズの会社が
他の事務所を探してると知らされる。
ジェシカはベイリーの再審裁判があるので、ハーヴィーとルイスに対応を任せる。

ルイスが留守でハーヴィーは1人でジムに会いに行くと、取締役のマニスに
サターを裏切って、マイクを出所させた情報が流れ、契約を切ると言われ、
ジェシカでなく、ハーヴィーが来たことが逆効果だった。
ルイスも顧客からサターを裏切ってことを聞かれるがサターのウソだと答えた。

ジェシカとレイチェルはベイリーの再審を担当。
ベイリーの元弁護士にアリバイ証人のマリアを捜さなかったことを認めさせるが
元弁護士はベイリーを有罪だと思ったと証言する。

ベイリーが証言台に立ち、マリアと薬でハイになり、食事をしようと外に出ると、
被害者の若い男女が倒れていて、助けようとしたが男の子は亡くなっていて、
意識のある女の子を介抱していたら警察が来て逮捕されたと話す。
逮捕から2年後に妻と離婚し、息子とは10年以上会ってなく、ジェシカのおかげで
娘とは再会できたが、殺人者と思われて死にたくないと訴える。

レイチェルは被害者の父親が事務所に怒鳴り込んできた時にマリアのことを
ジャンキーと呼んでたことを思い出す。父親がジャンキーだと知ってたのは
彼女に証言させないためにリハビリ施設に入れたからと判明。

ハーヴィーはサターに会いに行き、家を没収されたくなければジムの会社の
取締役全員に電話し、流した噂はデタラメだったと言えと告げる。
するとルイスはストゥからサターの会社が倒産したので、債務をオフィスを
タダで貸すことで相殺したいと提案され、引っ越すと告げられる。

ジムの会社の取締役会が早まり、ハーヴィーとルイスは法廷にいるジェシカに
取締役会に出席するように説得に行くが、判事は休廷を認めてくれず、
ジェシカはハーヴィーたちに任せた。

ジェシカは被害者の父親を証人として呼び、マリアを施設に入れたことを
追及すると認めたので、判事はベイリーの釈放を認めて自由になった。

ハーヴィーとルイスはストゥにジムの会社の株を買って筆頭株主になってもらい、
弁護士を替えてジムをCEOから降ろしたら取締役をクビにすると脅して、
事務所の契約を切られずに済んだ。

裁判の過程でジェシカの過去の回想シーンが描かれた。
ジェシカは両親が離婚し、医者だった父親に医師でなくハーバードで
法律を学んで弁護士になると言うと、弁護士は人の不幸を利用する言われる。
ジェシカが昔のことを思い出したのは初心に戻るってことかなと思った。

ジェシカはロバートから事務所を合併させようと提案される。
ハーヴィーとルイスに私は退くので事務所を託すと、ジェフにシカゴに
連れて行って欲しいとハッピーエンドに。

ルイスの恋はタラと順調に行くのかと思ったら、妊娠してると告げられる。
自分の子だと思ったルイスは喜ぶが、別れた恋人の子だった。
ルイスはそれでも一緒に育てようと言うが、タラは即答できなかった。
タラは元カレとヨリを戻すと思ったら、ルイスのプロポーズを受け入れた。

マイクが出所したと思ったら、ジェシカは事務所を去ることになり、
今シーズンは事務所の立て直しがメインとなっていたが、シーズン終盤は
新しい事務所の基盤作りになってしまうのかな。

SUITS/スーツ シーズン5 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン5 バリューパック
posted by Jasmine at 22:06 | Comment(0) | SUITS/スーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

カウンターパート シーズン1 #1

J・K・シモンズ主演の「カウンターパート」の先行放送を観ました。
パラレルワールドを描いた作品と言えば「FRINGE」を思い出しますが、
スパイ活動やアクションもあるので話についていけそうで面白かったです。

ベルリンの国連機関の情報伝達部で30年働くハワード・シルク(J・K・シモンズ)は
交通事故で昏睡状態の妻エミリー(オリヴィア・ウィリアムズ)を看護していた。
ハワードは戦略部に異動を願うが上司のピーター・クエイル(ハリー・ロイド)に
却下され、義弟エリックにはエミリーを実家で引き取ると迫られていた。

いつものように出勤したハワードはクエイルから自分とうり二つの男に
対面させられる。並行世界が存在し、男はその世界から来た“カウンターパート”で
もうひとりのハワードは性格は正反対の敏腕スパイだった。

30年前の冷戦中に東ドイツの実験ミスでもうひとつの世界に繋がる通路が開通され、
それによって2つの世界に違いが生まれ始め、時間と共に大きくなっていた。
向こうの世界では上層部で内紛が起きていて、こちらの世界には殺し屋がいた。

ハワード2の目的は殺し屋ボールドウィン(サラ・セラヨッコ)に狙われている
エミリーを守ることで、ハワードになりすまして、病院でボールドウィンを
待ち伏せしてると、エリックがエミリーの件で現れた。ハワード2はハワードの
気持ちをくんで実家に帰すことを断り、エミリーの暗殺も阻止したが
ボールドウィンには逃げられた。

自分の世界に戻ったハワード2の妻はエミリーとうり二つでした。
こちらの世界で妻はガンで死んだと言ってたが生きていた。

J・K・シモンズが全くの別人を演じ分けているのも見どころですね。
まだ全部のキャラが出てきてませんが、こちらと向こうの世界を描くとなると
混乱しないか心配ですが、シーズン2も決定しているのでしばらくは楽しめそう。

PART.jpg
posted by Jasmine at 21:49 | Comment(0) | カウンターパート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

Major Crimes/重大犯罪課 シーズン6 #10

レイダーの葬儀が執り行われ、プロベンザが弔辞を読んだ。
プロベンザは参列してたエマ・リオス検事補からストローがロサンゼルスに
戻っていて各機関に確認中で状況は切迫してると明日話そうと言われる。

エマは護衛と帰宅して室内と庭を確認してもらってから自宅に入る。
プールに入ったエマを待っていたのは水中に潜んでいたストローだった。
ストローに腕を掴まれたエマは水中から逃げられずに溺死してしまう。

翌朝、護衛によってエマの遺体が発見され、重大犯罪課が捜査することに。
隣に住むカールからエマの家との垣根に門があり、鍵がないことを聞き、
ノーランがカールに名刺を渡して写真をメールしてもらい、皆に転送した。

プロベンザがレイダーの家に行くと、子供たちが遺品整理をしていて、
ガスとプロベンザ妻が食事を作っていた。
プロベンザはテラスにいたフリンに難しい告知をするので助けて欲しいと
一緒にエマが亡くなったことをラスティに話した。フリンはラスティを
自宅から出さないと言うが、プロベンザはラスティに調べたことを
話してもらうべきだと説得し、重犯課で皆に話してもらうことに。

ストローの小学校時代の科学のドゥクレスト先生は1年前に自宅の横で
感電死して、彼の家族はストローを知らない。高校時代の恋人リンは
オハイオの元ライフセーバーなのに自宅のプールで溺死していて、
両親によると16歳の時にストローと別れた。ロースクール時代の
ファウラー先生が銃で自殺したが、彼の妹によると自殺の兆候はなく、
彼女はストローを知らない。ファウラーは年に数回欧州旅行をしてたけど、
1年前から金欠で行かなくなった。エリザベス・ダンは交通事故で亡くなって
元夫も冬休みは子連れで旅行してたのに1年前から金欠でやめたらしい。

ストローの義母キャロリンはアリゾナでハイキング中に滑落死した。
父親のタイラーは三度結婚し、生みの母親は不明だけど2番目がキャロリン、
次がジニーで彼女もストローに会ったことはないらしい。
タイラーは1998年に死亡したことまでラスティーは調べていた。

ホッブスはストローの新情報はないが、エマのPCに暗号化フォルダを発見し、
インターポールとの通話記録があったと言うが、重犯課での会話をカールが
盗聴していた。カールはストローの協力者でノーランにメールした時に
マルウェアに感染させ、プロベンザ以外の携帯に侵入していた。
バズが携帯と連動させてたので、重犯課の内の映像までストローは見れた。

バズはストローが見れないレイダーのオフィスでレイダーから預かった
家族とラスティ宛ての映像を葬儀の1週間後に渡してほしいと言われたが
エマの件があったので今すぐ見るべきだとラスティに渡した。

副本部長はプロベンザに確証なしに全署に警告はできない。あと2日はエマの
捜査を許すとストローの犯行なら確たる証拠を手に入れ、ヤツに反論させるな
と言うと、プロベンザは二度とストローに法廷で口を開かせないと言う。

レイダーはフリン、リッキー、エミリーにそれぞれ伝えたいことを話して、
ラスティには念のためにストローから身を守る方法を残していた。
銃は最後の手段としては役に立つかも。でも本当の安全のためには
2つの方法を試して、まずストローを怪物とは思わないこと、犯罪者と自分
との共通点を探してみる。怪物だと思うとストローの本質が見えなくなる。

次に何か思いついたらフリンやプロベンザに話して。あなたを愛する人が
助けてくれる。愛する人を信じると人は弱くなる。でもあなたが弱さを
見せられれば、ストローを倒す強みになるはずとメッセージを残していた。

リッキーはラスティに実際にどのくらい危険か尋ねると、他の犠牲者と
俺の共通点により、話を聞いたりネットで調べたが共通点が見当たらない。
と聞いて、犠牲者の共通点はラスティが検索したことで他に誰が検索した?
と特定の検索をしてるPCをキャプラで突き止められると言う。

キャプラ・デニーは防衛請負会社サイバーのエキスパートでカールはロス市警の
ネットワークを避けてるので大丈夫と言うが、リッキーは犠牲者を検索した
人物のIPアドレスをリストアップして捜査関係者以外でネパールからの
アクセスを見つけ、ストローだと推測するがストローには好都合だった。

エマの暗号ファイルが解読され、チェコ語の文章だったがそれはカールが
仕込んだ文章で、ストローはノーランの名刺を持ち、ジム・ベクテルを訪ねる。
グウェンドリンの居場所を知らないと命乞いするジムを殺害した。

重犯課はストローが検索したブレンダ、フリッツ、ラスティ、プロベンザに
初めて見るアルバート・フラーズ元弁護士、キャサリン・デビッドソン、
ウィリアム・パトナム、ジム・ベクテルとミズ・ベクテルの名前を知る。
LA在中の元不動産開発業者でジムは独身だがミズ・ベクテルの詳細不明で
グウェンドリン・ベクテルは複数回検索していたのジムを訪ねることに。

ジムはストローに殺害されていて、ベクテルにオハイオからメールで
問い合わせがあり、元妻グウェンドリンの所在についてで、ジムとは
1980年代に離婚してたが、彼女には連れ子がいて、それがストローだった。
エマのPCにあったチェコ語の文章は医療記録で11ヵ月前にプラハで発行。
患者の名前は消されてるが、ステージ4の末期の肺ガンでだからストローは
復讐を果たすために戻ったと重犯課は推測する。

ストローは母親を探してることがわかったが、医療記録は仕込まれた物なので、
本当にガンなのかはわからない。カールはストローにキプロスで助けられたことで
雇われて協力してるが、銃を持って警戒してるので裏切りもあるかもね。

プロベンザは何度も裁判にはならないと言い、ノーランに少し危険な任務を
頼みたいと、どんな手を使ってもストローを倒したいと言ったが、
何をさせるつもりなの?

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 4thシーズン 後半セット(13~23話・3枚組) [DVD]

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 4thシーズン 後半セット
posted by Jasmine at 13:09 | Comment(0) | Major Crimes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

キャッスルロック シーズン1 #1

スティーヴン・キングとJ・J・エイブラムスが製作総指揮の話題作
「キャッスルロック」の先行放送をWOWOWで鑑賞しました。
まだ全話見てないけど、字幕版を先行放送してくれたことに感謝です。

1991年、メイン州のキャッスルロックで11歳のヘンリー・ディーヴァーが
行方不明になって11日後に凍った湖の上でパングボーン保安官に発見された。
ヘンリーにはケガはなく、記憶は失われていた。養父は瀕死の状態で
見つかって、3日後に死亡していた。

2018年、ショーシャンク刑務所のデイル・レイシー(テリー・オクィン)は
盲目の妻に朝食を用意して出勤するが、木と自分の首にロープを巻いて、
車ごと湖に突っ込んで自殺する。この自殺の仕方は怖すぎる。

後任の女性所長ポーターがショーシャンク刑務所にやって来た。
看守のザレフスキから30年前の火事で閉鎖されたF棟があると聞いて、
ザレフスキに調べに行かせると貯水タンクみたいなのを見つけて開けて
降りると檻があり、そこに青年が入れられていた。

青年(ビル・スカルスゲールド)はずっとそこにいたようだが名簿に名前はなく、
何も話さなかったが、やっと“ヘンリー・ディーバー”と名前を言う。
ザレフスキはヘンリーのことを聞いて、今は死刑囚の弁護士になった
ヘンリー・ディーバー(アンドレ・ホランド)に電話する。

ヘンリーはキャッスルロックでバスを降りるのを薬物依存の女性が見て驚く。
家に戻った彼女は砂時計を置くと、箱の中からヘンリーが失踪した時の
張り紙やヘンリーの服を見ると箱に戻した。

ヘンリーが実家に帰ると養母ルース(シシー・スペイセク)の認知症が進み、
元保安官のアラン・パングボーン(スコット・グレン)が出入りしていた。
教会が投資に失敗し、養父の墓は移動され、アランが資産を管理してると知る。

ヘンリーはショーシャンク刑務所へ誰かに呼ばれたと訪ねるが、ポーターは
面倒なことになるのを嫌い、青年に会わせずにヘンリーを帰した。
青年はデイルから誰かに見つかったらヘンリーの名前を言うように教えていて、
彼が自殺した場所はヘンリーが発見された湖だった。

4人の所長が在職中に亡くなってるのも何かありそう。
まだ序章なので登場人物の繋がりもストーリーも全くわからないが、
いろいろ伏線が張られてそう。

posted by Jasmine at 15:12 | Comment(0) | CSIシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

SUITS/スーツ シーズン6 #9

マイクは出所の手続きが遅れて、まだ刑務所にいた。
ケヴィンからケイヒルにジルが不正前に稼いだお金も全財産を奪われそう
と聞いて、ケイヒルに抗議するが贅沢させるためにはいかないと言われる。

ハーヴィーは出所できないマイクの身を守るためにギャロの仮釈放を進めるが
元上司のキャメロン・デニスが現れて、ギャロを出所させないと止めにきた。
ハーヴィーがマイクのために弁護していると知ったキャメロンは仮釈放審問会に
マイクを呼び、ハーヴィーを恨むギャロに殺されそうになったことを証言させた。
それによってギャロの仮釈放が認められなかった。

一方、レイチェルはベイリーに有利な判例を見つけた。
ベイリーの元弁護士がアリバイ証人を使わなかったので判事は再審を認めた。
検察からあと7年の服役を提案され、ジェシカは5年にできると取引を選ぶと
レイチェルは納得できなかったが、ジェシカは同じような状況で失敗した経験から
再審で陪審員を説得できないと執行されると説得される。

ベイリーに取引を伝えるが殺人者だと思われるなら死んだ方がマシだと
父親として胸を張って子供たちに会いたいが取引したらできないと納得できず、
レイチェルも闘うべきだと言い、再審にかけることにした。
ジェシカはベイリーの娘マヤを見つけて、親子を面会させた。

マイクはギャロのことを証言する代わりにケヴィンの減刑を認めさせたことで
ケヴィンは出所できることになった。一緒に出所できると喜んでいると
ギャロが取り込んでる刑務官がケヴィンだけ出所させてマイクは残された。

出所を翌朝にしたのはマイクの計画で、夜になりギャロはマイクの部屋に
ナイフを持って現れるが、マイクは予想して部屋にカメラを仕掛けてたことで
ギャロは良い刑務官に捕まったが、危ない賭けだったね。

ルイスはタラが恋人と会っている間、ドナに泥風呂に付き合ってもらう。
ドナのアドバイスで気を紛らわせるために事務処理に没頭した。
タラがルイスを訪ねてきて、恋人からプロポーズされたが断ったと告げる。
ルイスを選んだってことでいいのかな?

ハーヴィーはギャロに面会し、密告者とバレてる前の刑務所に戻るか
ここであと5年服役し、マイクに関わらないかの選択を迫ると
ギャロは残ることを選択。
マイクは出所すると、ハーヴィーとレイチェルが迎えに来てくれていた。

やっとマイクが刑務所から出所した。すぐに出所すると思ってたのに
9話までかかるとはちょっと長すぎだと思った。

SUITS/スーツ シーズン4 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン4 バリューパック
posted by Jasmine at 21:47 | Comment(0) | CSIシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

キリング・イヴ シーズン1 #1

観たかったサンドラ・オー主演の「キリング・イヴ」がWOWOWで
先行放送されました。サンドラは先日行われましたゴールデン・グローブ賞で
アジア系女優として司会を務めただけでなく、主演女優賞も見事獲得という
快挙を成し遂げたので楽しみにしてました。

ロンドンに住むMI5の職員イヴ・ポラストリ(サンドラ・オー)は
夫ニコと暮らしながら、平凡で退屈な日々を過ごしていた。
ウィーンでロシアの政治家ケドリンが暗殺者に殺害される事件が発生。

目撃者のケドリンの恋人でポーランド人のカーシャがロンドンで保護され、
MI6からの要請でイヴはカーシャの警護を手配することになり、
イヴは犯人は女だと言う。

イヴは上司のビルに内緒で警察にいるカーシャに勝手に会いに行くが
カーシャが酔っていて通訳が上手く訳せないので、ポーランド人の夫ニコと
知り合いのポーランド人少年に録音したカーシャの会話を聞かせると
背が高い黒髪の貧乳のサイコ女がいたとわかる。

一方、ヨーロッパで活動する暗殺者のヴィラネル(ジョディ・カマー)は
コンスタンティンからの指示でケドリンを暗殺した。
ヴィラネルはサイコパスで不思議ちゃんも入ってるキャラでした。
別の暗殺を終えたヴィラネルはコンスタンティンからケドリン暗殺の
目撃者がいるので始末するように指示される。

イヴはカーシャから詳しく話を聞こうとポーランド人少年を連れて
保護してる病院に行き、トイレでヴィラネルと鉢合わせして言葉を交わすが
まだお互いを知らない。

イヴがトイレから出るとカーシャと護衛は殺害されていた。
目撃者を殺され、違法捜査をしたイヴはビルと共にクビになる。
ところがMI6のキャロリンから2年前から10カ国で暗躍する女の暗殺者がいると
イヴは洞察力を見込まれて、MI6の極秘チームにリクルートされた。

期待を裏切ることなく、1話目はあっという間に終わりました。
サスペンスだけど軽いタッチで描かれていて、重くなくていい感じ。
サンドラの吹き替えはグレアナと同じ人でしたが違和感なく観れました。

ヴィラネル役の女優さんはどこかで見たことあると思って調べたら
「13サーティーン」の誘拐された子でした。
これからMI6にリクルートされたイヴがヴィラネルを追跡することになり、
どう展開していくのか楽しみです。

eve.jpg
posted by Jasmine at 21:16 | Comment(0) | キリング・イヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ