2017年12月12日

クワンティコ シーズン2 #11

アレックスはオーエンにリディアがAICの証拠を集めるが信じてもらえない。
レオンはニマが用意したAICでの犯罪を免責するFBIの書類にサインした。
アレックスはリディアが任務で行った場所とAICの活動をシェルビーに
照合してもらうことに。

ハリーはシャーロットの夫に義父の会社のワシントンD.C支店の記録保管室で
2005年以降の積み荷目録を集めて渡してほしいと頼む。
エリオットが死んだことを調べているらしい。

ファームではCIAの情報提供者を脱出させる課題が与えられる。
オーウェンは協力者のヘレン・シャープを助けられなかったことを話し、
情報提供者のウェバーを脱出させるために訓練生たちはミュンヘンに飛んだ。

オーウェンは世界中にCIAだとバレているのに本名でドイツ入りして、
課題はウェバーでなく、オーウェンを脱出させることだった。
そして、オーウェンは訓練生たちの前から姿を消してしまった。

ハリーとセバスチャンはオーウェンのために偽造パスポートを手に入れるが、
当局の見張りがついたのでそのまま店でまったりと飲んで過ごすことに。

アレックスとライアンはオーウェンをすぐに発見した。
ライアンはレオンとダイアナを応援に呼んだが、2人はAICからミュンヘンでの
任務を命じられたので向かうといい、ライアンもアレックスを残して去る。

アレックスはオーウェンと店にいると、当局に見つかったので裏口から
出ようとするが、スタンガンで倒されてしまうが、ライアンが戻ってきて、
アレックスとオーウェンを助けてくれた。

アレックスはオーウェンと部屋に行くと、ヘレンの息子ダニエルが
銃を持って待ち伏せしていた。ダニエルは母親を目の前で殺されて、
オーウェンのせいだと恨んでいて、オーウェンは居場所をダニエルに教えて
引き金を引けと言うが、アレックスが説得してダニエルは去った。

ミュンヘンでAICからエルサ・シュミットを監視するよう命じられるが、
ライアンはアレックスを助けに戻り、レオンとダイアナは任務を続けるが、
監視ではなく暗殺だったので、レオンはダイアナが撃とうとするのを止めた。
ダイアナはリディアにレオンのことを報告すると、リディアは1週間以内に
彼は消えると言ったが何をするつもりだろう。

ファームに戻ったアレックスはオーウェンからホテルにあった情報から
リディアの過去と現在の訓練生たちとのメールを手に入れたと見せられる。
オーウェンはアレックスとシェルビーが待つバーにやってきて協力すると。

現在、テロリストは人質に自白剤を注射して、任務でいた場所を聞き出し、
ウィルがシステムで比較し、AICの活動地と3件一致したら処刑していた。
ライアンは処刑に反対していたが、処刑役をするように命じられるが
ハリーはテストにパスした。

レオンはダイアナをかばって、彼女の任務地を言ったことで一致するが、
ウィルはレオンが嘘をついてると処刑に反対するが、テロリストが
殺そうとしたので止めに入ったライアンがやられそうになると、
ウィルがテロリストを射殺した。

そこにアレックスが現れ、爆撃されるのでテロリストに尋問が終わったと
知らせて、首輪の遠隔操作も無効にして、レイナを救出して、人質全員を
逃がすことになるが、人質の中にテロリストも紛れて脱出してしまった。
やっと人質事件が終わり、話が展開してくれるといいけど。

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part1 [DVD] -

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part1

posted by Jasmine at 00:27 | Comment(0) | クワンティコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

シカゴ P.D. シーズン3 #6

バージェスはローマンが休みなのでプライスとシフトを組むことに。
怪しい人物がいるとの通報で公園に向かうと、車にいる男性が死んでいて、
車が防弾仕様だったのでクルースたちが車のドアを開けた。

車はペレグリン・セキュリティーの名義で社長のビクター・カレンが
被害者とわかり、家宅捜索に向かうと大金に大量の武器があった。
カレンは5年前に警備会社を設立し、その前の職歴は不明だった。
遺体は死後1週間が経っていたが、巡回した警官は前日の夜はなかったと。

カレンの恋人のジェイニー・ソーンダースが弁護士と署にやって来た。
ジェイニーは遺体を遺棄したが、カレンは不整脈なのに治療を拒んで
アスピリンを常用し、家で一緒に夕食を食べてたら心臓発作で倒れた。
ジェイニーは“もしもの時は組織が発見できるよう遺体を遺棄しろ”
とカレンに指示されたので従ったと、カレンはCIAの捜査官だと言う。

マウスの調査で押収した銃に3件の未解決殺人事件の凶器が入っていて、
殺害されたのは罪を逃れた犯罪者だったので、CIAの作戦かと疑うと、
カレンの遺体が盗まれたと連絡が入る。

遺体は覆面姿の3人が盗み、カレンは3台の車を社用車として購入して、
車を取りに来たのが社員のライアン・バーグストロムとわかった。
バーグストロムの住所に行くと、彼はカレンの遺体を解体していて、
俺はCIA捜査官で機密取扱資格を持ってると言う。

バーグストロムは俺たちは“清掃員”で国の安全を脅かす者たちを
始末すると、遺体を解体してたのはチップを除去しろと指示されたと、
任務については話さなかった。

オリンスキーはCIAのビショップにカレンは仲間なのか探ってもらうと、
カレンは過去に在籍はしてたが現場担当でなく、大学卒業後に
情報分析官としてパナマにいたが、精神疾患を隠していたことがバレて
クビになり、捜査官のフリをしてたと判明。

カレンの会社は政府からの資金提供はなく、亡くなった母親の大豆農場を
売却して3000万ドル以上が手元に残り、ここ数年、大金を引き出し続けて
毎週1万5000ドルを社員に払っていた。

リンジーはシカゴ・メッドのチャールズにカレンの病歴を調べてもらうと
心臓病を患ってたのは事実で、さらに妄想性障害と呼ばれる精神疾患に
苦しんでいたと、表面上は普通に生活することが可能で会社もつくり
社員も雇えて、彼にはすべてが現実なので他者も信じてしまうと。

チャールズはバーグストロムに治療を中断した後、会社をつくることで
CIAでの日々追体験していて、すべてが妄想だったと説明する。
仲間を捕まえる手助けをするなら州検事に口添えすると言うと、
カレンはもし自分に何かあればワシントンにいる捜査官のジェイコブスの
指示を仰げと言ってたが、実在しないのでオリンスキーがなりすます。

バーグストロムが残りのジョンとクレイに暗号文を残して、カレンが借りた
部屋に呼ぶが、クレイしか現れず、クレイはオリンスキーが偽物だと気付き、
エレベーター内で発砲し、バーグストロムは撃たれ、オリンスキーは
防弾チョッキで助かり、逃走したクレイが撃って来たのでアントニオが射殺。

カレンの銃の中に盗品の軍用狙撃銃があり、盗んだ予備兵のジョンが
3人目とわかり、自宅から出てきたジョンは尾行に気づいて逃走するが、
車は防弾仕様なのでアトウォーターが借りてきたトラックで体当たりして、
ジョンを逮捕したが、自分がCIAだと信じていた。
こんなことが本当に起こったら怖いな。

ローマンはドナーになるはずだった少年アンドリューの死期が迫ってるので
外出許可をもらい、臨時署長として21分署に連れて行く。
アンドリューは楽しかったみたいで良かった。

プラットはグロウリー代理と警察学校の同期で彼女をかばって謹慎になった
貸しがあるので掛け合ってくれて、ルゼックの調査は取りやめになり、
ルゼックは復帰できることに。

オリンスキーはミシェルとのDNA鑑定結果が届くが、見ないで捨ててしまった。
リンジーとハルステッドは付き合いをオープンにしたけど大丈夫かな?

シカゴ P.D. DVD-BOX -

シカゴ P.D. DVD-BOX

posted by Jasmine at 00:26 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

シカゴ・ファイア シーズン4 #6

パターソンはリドルから私が動いたらついてくる覚悟はあるか?
と聞かれて、あると答えた。

建物火災が発生し、赤ちゃんを抱いた母親が屋根にいた。
母親は赤ちゃんを助けたくて、この子を受け止めてと赤ちゃんを落とし、
ケイシーがキャッチして赤ちゃんは無事だった。
セブライドがはしごで母親を救助して、母子ともに助かった。

マウチは助けた母親の兄ボブが好きなバンド“ラッシュ”のスタッフで
お礼に握手会のパス付きコンサートチケットを4枚もらった。
マウチ、ハーマン、ケイシー、オーチスが行くことに。

ボーデンはリドルから1年間の出動報告書を提出しろと命じられる。
自宅に戻ったボーデンはドナと出動記録の整理をしていると、
隣に短期滞在するセリーナが挨拶に来て、ボーデンは彼女にデレデレ。

多重事故が発生し、バイカーは車の運転手が突っ込んで仲間をひいたと
激怒するが、警官がシフト交代で到着が遅れていた。
セブライドはバイカーが暴れ出す前に運転手を窓から出した方がいいと言うと
パターソンはカッターで窓枠を切断しろと命令したが、バイカーたちが
暴れ始めたので、セブライドは窓から運転手を救助して、救急車で搬送させた。

パターソンはセブライドが命令に従わなかったことに怒り、セブライドは
謝罪したが納得できずに、パターソンはボーデンにセブライドを外したいと言い、
ボーデンは処分を申請しても辞めさせないと不満なら出ていけと言う。
パターソンはセブライドに次のシフトに出るなと停職を告げた。

クルースは弟リオンの幼なじみのフレディ・クレメンテからリオンの
連絡先を聞かれるが知らないと言うと、鍵のかかった小さな箱を渡される。
箱を開けると昔、弟と一緒に買ってあげたベースボールカードが入っていた。

クルースはリオンにカードを送ったとフレディと言い、困ってるのか聞くと、
フレディもギャングを抜けたいが抜けられないと助けを求められていると
ギャング仲間が来たので、フレディは行ってしまう。

ブレットとチリが出動すると、男性が銃の手入れをしていて弾が入っていて、
顔に穴が開いたと言う。
しかし、子供が誤って銃を手にして発砲したとわかり、母親を亡くした
父子家庭なので、警官に話したら離れ離れになるとチリは話すことをやめた。
チリとジミーは付き合い始めたが、いつまで続くかな?

マウチたちはラッシュに行き、メンバーと一緒に写真を撮ってもらったが、
席がバックステージで見えないとみんな帰ってしまうが、残っていた
マウチはボブからチケットを渡し間違えたと最前列に案内されて良かったね。

ボーデンはセリーナからお湯を沸かしてるのに外に出て締め出されたと
連絡を受け、自宅に戻ると抜け出して、ドアを蹴破って中に入るが
ガスの火はついてなかった。

セリーナにワインを飲まないと誘われたボーデンは勤務中だと帰ったが、
夜になって自宅にいるとウィーラー刑事がやって来て、セリーナから
家に押し入り、ボトルで殴られたと訴えがあったと連行された。
セリーナがボーデンを罠にはめた目的はなんだろう?

シカゴ・ファイア シーズン3 DVD-BOX -

シカゴ・ファイア シーズン3

posted by Jasmine at 17:11 | Comment(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MURDER IN THE FIRST シーズン1 #5

ブラントの保釈査問会が始まる。
ハーツバーグが市長に圧力をかけて、判事をぺイス判事に交代させたが、
検事側は突然の判事の交代を聞いてなかった。

シレッティはブラントが故意に保釈違反を犯したと保釈取り消しを訴える。
ダニエルズが代理人を辞任したので、ハーツバーグが大昔の模擬裁判以来の
刑事弁護を担当することに。

ハーツバーグは有罪だと推定される証拠がないので保釈は認められると、
ブラントはひそかに抜け出したわけではなく、野外イベントに参加し
自らの意思で戻ってきて、時間どおり法廷に現れたので自己誓約に
基づく保釈と保釈金の全額没収の取り消しを求めた。

判事は保釈金を倍額に設定し、GPS電子足輪を装着し、移動可能区域を
一歩でも出たら勾留すると保釈を認めた。

署にソルター宛の電話が入り、テリーがソルターになりすまして電話に出る。
ソルターはシンディの夫マークがアリバイを証明したジョニーの酒場の
隣のピクルス工場を訪ねているとわかり、ヒルディとテリーが工場を訪ねた。

工場長が留守の時にソルターが監視カメラのことを尋ねていたとわかり、
監視カメラを管理している工場長がそれを聞いて、連絡してきたのだった。

監視カメラには酒場の裏口も映っていて、映像を確認するとマークは
店を出て2時間後に戻ってきていて、アリバイが崩れてしまった。
通話記録からマークが公衆電話からブラントに電話していることも判明。

マークを連行して取り調べると、シンディの携帯からブラントの番号を盗み、
“妻をもてあそぶな”と警告したと、空白の2時間は店で知り合った
年上の女性と車で楽しんでいたと言い、相手の女性が店でカードで使用したので、
夫婦問題カウンセラーのサリー・スムートと判明。
サリーはマークと浮気してたことを認めて、マークのアリバイが証明された。

操縦士のビルはイベントから帰ったら妻が家を出て、離婚届が送られてきたので
妻を探しても見つからないとブラントに相談して、社員がビルの妻を追跡して、
モーテルにいるとわかった。ビルが妻バーバラの部屋を訪ねると、シンディと
浮気したことがバレていた。

ブラントとハーツバーグはダニエルズに代理人に戻ってほしいと
1000万ドル前払いで経費は別途支給を提示すると、ウソ発見器にかけて
合格する条件を出され、ウソ発見器に合格したことが記事になった。

ヒルディとテリーはキスしたことで、気まずくなっていた。
モルクの誕生日カラオケパーティでテリーが歌声を披露するが、
ヒルディはいたたまれずに店を出る。

家に帰るとブラントが待っていて、またヒルディとデートしたいと言う。
殺人事件の容疑者なのに、頭の中はセックスとドラッグしかないみたいで、
天才は変わり者だということか。

Murder in the First: Complete First Season [DVD] [Import] -

Murder in the First: Complete First Season
posted by Jasmine at 00:23 | Comment(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

ブラックリスト リデンプション #1

「ブラックリスト」のトム・キーンを主役にしたスピンオフの先行放送を視聴。
残念ながら打ち切りとなった作品ですが、幼い頃に両親の元から失踪し、
工作員として育てられたトムの謎が明かされることに期待。

トムの父親ハワード・ハーグレイヴが飛行機事故で亡くなってから3週間。
弁護士から遺言の件でトムに連絡が入り、エリザベスの勧めでNYに向かう。
タクシーに降ろされた場所で公衆電話が鳴ったので出ると男から公園に
行くように指示されて現れたのは死んだはずの父親ハワードだった!

ハワードによると飛行機事故に見せかけて、母スコティーが殺そうとしたと、
スコティーはトムが息子だと知らずに仕事を依頼してくるはずなので、
スパイとして会社に潜り込んで信頼を勝ち取れと言うとハワードは去った。

トムはリズに父親が生きていたと電話していると、スコティーが現れた。
ハルシオン・イージズ社の傭兵チーム“グレイ・マターズ”のメンバーに
雇われるが、メンバーにはリズを殺そうとしたマティアス・ソロモンに、
女性工作員ネズ・ローワン、天才ハッカーのデュモント・デ・ソートがいた。

トムは因縁のソロモンがいたが、CIAの諜報員アンナ・コープランドと息子が
リーランド・グレイに拉致されたので救出するために協力することに。
2012年にトムはグレイを誘き出すためにアンナと手を組んだことがあり、
グレイの恋人ナディアを利用したが作戦は失敗していた。

ナディアには今も護衛が付いているので、グレイと繋がっていると拉致し、
コンタクトレンズ型のカメラをナディアに仕込み、わざと逃して連絡させて、
ドーバーの崖にあるグレイの屋敷にアンナたちがいると突き止めた。

厳重な警備の屋敷に侵入するのは難しく、博物館にドーバーの崖の下に広がる
秘密の地下道の図面があるとわかり、博物館で資金集めのパーティに出席した
スコティーとトムは図面を撮影することに成功する。

チームはイギリスのドーバーに向かう。
トムはアンナを救出したが、ナディアにコンタクトに仕込んだカメラがバレて、
グレイがアンナの息子マドックスを連れて逃走した。

ソロモンとネズがグレイを殺して、マドックスを救出するが知らせを聞く前に
アンナは病院から逃げ出してしまい、アンナの体内に爆発があるとわかり、
グレイから息子との交換条件にCIAのチームを始末するように言われていた。

アンナが起爆スイッチに手をかけてるところにソロモンとネズがやって来て、
グレイは死んで息子は無事だとマドックスと電話で話して信じた。
トムが到着すると携帯の信号で装置が起動し、トムはアンナの体内から
装置を取り出すと、デュモントにメインスイッチのワイヤーを2本同時に切れ
と言われて、トムは解除に成功する。

トムたちはハワードの葬儀に参列し、トムは悲しむスコティーの様子から
ハワードを殺そうとしたとは思えなかったが、ハワードは息子を諦めきれずに
ずっと捜索していて、スコティーが意図的に自分に近づいたと気付いて、
それを問いただしたら私を排除しようとしたと。

ハワードはさらなる真実に気づいたと、すべてが謎の“ホワイトホール”に
繋がっていて、スコティーは世界的な情報取集組織を手に入れたので、
恐ろしいことを企んでると言う。
トムはハワードに母親の目的を探り、阻止するように言われた。

1話見た感じでは打ち切りになっても仕方ないかもと思った。
レディントンのような強烈なキャラはいないし、全体的にインパクトが弱い。
ソロモンの悪キャラが生かされることに期待したいな。
トムが両親の元から拉致された理由が明らかになるといいけど。

Blacklist: Ssn Four / Blacklist Redemption: Ssn 1 [DVD] [Import] -

Blacklist: Ssn Four / Blacklist Redemption: Ssn 1

posted by Jasmine at 12:11 | Comment(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

スキャンダル シーズン6 #12

オリヴィアはフィッツの部屋にお泊りした。
翌朝、ホワイトハウスに拘束されているローワンを訪ねると、
すごい朝食に新聞まで用意されているのにローワンは不満で連中の
餌食にならないためには遠くに逃げることだと言うが却下される。

イライラしているアビーにレオは何かしたのかと謝るが、事情を話せない
アビーはレオに当たってしまう。
フランキーの妻ルナはテレビ出演して、国民が大統領に選んだのは
私の夫だと訴える。

ジェイクはエリザベスの遺体を埋めた場所に、前に彼女と付き合っていた
デイヴィッドを連れて行き、お別れをさせたが、デイヴィッドは
サマンサが敵だと知らされるが何も知らないフリをすることに。

ハックが元気になって仕事に復帰するが、チャーリーはクインとハックが
想い合ってると疑っていたが、クインはチャーリーにあなたがいないと
生きていけないと言って仲直りした。

メリーの首席補佐官となったサマンサはメリーに新しいパソコンと携帯に
アシスタントまで用意して監視し、メリーが閣僚候補のリストを渡すと、
私たちが決めると言われる。

セオドア・ペアスがオリヴィアの事務所にやってきた。
ジェイクの副大統領辞退を要求して、ジェイクがエリザベスの遺体を処理する
映像を見せて、自分が副大統領になると言うが、オリヴィアは公にしたら
メリーが大統領になれないと追い返すが、ジェイクの身を案じて辞退することに。

サマンサはメリーとホワイトハウスに行き、大統領執務室でフィッツと会うが、
突然、シークレットサービスが乗り込んできて、ホワイトハウス上空に
ドローンが侵入したと、サマンサはメリーと引き離されてアビーと隔離される。

メリーはフィッツと移動すると、部屋にはオリヴィア、ジェイク、デイヴィッド、
マーカス、サイラスが待っていた。
ハックがドローンを操作している間にメリーを取り戻す作戦を決行する。
副大統領を誰にするか話し合い、ローワンに協力を求めたが罵られて拒否される。

サイラスはローワンを地下のワインセラーに連れていき、ローワンを酔わせ、
フランキーを殺害したローワンを殺そうとするが見破られて失敗する。
メリーはオリヴィアの言う通りにサイラスに大統領すればよかったと後悔し、
マーカスは弱気なメリーを叱咤激励して、メリーを立ち直らせた。

メリーはサイラスを副大統領に指名するが、サイラスは断った。
そして、メリーは記者会見を行い、副大統領にフランキーの妻ルナを指名した。
それを地下室で見ていたサマンサは激怒していると、オリヴィアが現れて
メリーを取り戻した。主席補佐官はこの私。あなたは囚人だからと拘束すると、
オリヴィア・ポープは倒せない。オリヴィア・ポープに倒されるだけと告げた。

ぺアスは黙ってないだろうな。
予告を見るとすごい報復手段に出てきたがオリヴィアたちは倒せるかな?

スキャンダル シーズン2 コンパクト BOX [DVD] -

スキャンダル シーズン2 コンパクト
posted by Jasmine at 21:43 | Comment(0) | スキャンダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ